リンパマッサージのメカニズム リンパマッサージとリンパ資格のことなら日本リンパ美容健康普及会

リンパマッサージのメカニズム
 体内の水分は、心臓を起点として出て行き、全身を巡って帰ってきます。「行き」は動脈を流れる血液として、心臓というポンプから勢いよく押し出され、全身の細胞に栄養や酸素を運びます。そして、役目を終えると、今度は「帰り」。各細胞から余分なものを回収し、心臓に戻っていきます。 そのときに通る道は静脈ですが、そこに入りきらなかった老廃物は、「リンパ管」を通って心臓に向かいます。リンパ管は、動脈と違ってポンプの役割をするものがないので、中の液体もとてもゆっくり流れています。(1秒で0.5cm以下)しかも、毛細血管のように細い管であるため、周りの筋肉が動くことで、やっと中のリンパ液が押し出される程度です。運動不足で刺激が少なかったり、乱れた食生活やストレスで老廃物が必要以上にたまると、とたんに渋滞してしまい、容量オーバーになってしまいます。また、押し出す力が弱いので、重力の影響を受けやすく、足や指先など心臓から遠くて、下に位置する部分にリンパ液がたまりやすくなります。リンパ管は皮膚組織に多く分布しているため、皮膚組織に刺激を与えることで、リンパ循環を促進させることが可能です。これがリンパマッサージです。
 
リンパ  
 
全身を網の目のように張り巡らされている「リンパ管」とその中を流れる「リンパ液」、鎖骨や脇の下、ソケイ部などにある「リンパ節」を総称したもの。
 
リンパ液
 
リンパ液とは細胞間液のことで、毛細血管からしみ出した血漿(けっしょう)がリンパ管に入り込んだもの。主な働きは、古い細胞や血液のかけらなどの老廃物や脂肪を運び、やがて血液と合流し尿として体外へ排出する。私たちの体のほとんどが水分でできていますが、その水分の15%が血液、8%が体液、残り77%がリンパ液です。
 
リンパ管
 
 リンパ液の通る管で、体内にある排水管ともいうことができます。リンパ管の70%は皮膚組織を通っている。静脈と平行して、体のいたるところに張り巡らされている。
 
リンパ節
 
 リンパ液の中継基地。全身で600箇所あるといわれている。微生物や老廃物のろ過をするほか、抗体を産出する場所でもあり、免疫機能で重要な役割を担っている。例えば、風邪を引いて「リンパが腫れる」のは、リンパ節内での有害物質とリンパ液が戦っている証拠。
 

リンパが運ぶもの

 
  • 死んだ細胞 
  • 老廃物  
  • 毒素  
  • 乳酸 
  • 脂肪 
  • 化学物質
  • たんぱく質 
  • 糖質
 
カテゴリ内ページ移動 ( 9  件):     1  2  3  4  5  6  7  8  9    


 

 

 


体験会・資格取得講座

 講座日程

カルチャー・講座開講カレンダー

他 304 件

資格認定者店舗のご紹介
QRコード

ホームページアドレス・Eメールアドレス・フリーダイヤル情報は下記のQRコードを読み込んでください。

サイト内検索

検索は3文字以上で