セラピスト受講者の声・W様 リンパマッサージとリンパ資格のことなら日本リンパ美容健康普及会

セラピスト受講者の声・W様

  私は、以前から興味のあったリンパマッサージを学びたいと思い、1月からアドールの

横山先生のもと、セラピスト資格取得コースを受講していました。
 
2月23日の朝、自営業で一人暮らしの母(75歳)に連絡が取れないと思い、実家を訪ねる
と部屋で倒れている母を発見しました。心音を確認し大声で呼びかけ続け、救急に連絡し
ました。
母の状態は、低体温、極度の脱水、脈拍弱く不安定、声かけには反応したもの意識レベ
ルかなり低く、危篤の状態でした。検査の結果、脳梗塞でした。ただし、何らかの病気で
倒れた後に低体温になり脳梗塞になった可能性も・・・。という主治医の説明でした。
2日目に集中治療室から個室に移りました。危篤の状態は逸したもの意識は戻らず、脱水
状態で腎臓の機能が透析寸前までのレベルだった為に、全身はひどくむくみ、手足はパン
パンになっていました。水分を点滴で補っても、ほとんど尿が出ない状態です。手足も冷
たく、足の指とくるぶしには黒紫の斑点があり、看護士に根深い部分があるといわれまし
た。
尿が出ず、むくみがひどく、何とかしてあげたいという思いで、主治医に「リンパの流
れを良くしてあげたいので、なでるようにしてあげても良いでしょうか?」と伺ったとこ
ろ、「どこをマッサージしてもいいですよ。」と言われたので、リンパの流れを意識しな
がら擦ってあげました。また、腎臓と排尿が回復するようにツボを意識しながら朝・昼
・夕方と必死にマッサージを続けました。
日に日に尿の量が増えむくみも少なくなっていき、意識も戻り、目を開ける時間も増え
ていきました。一週間で尿の量も戻り、むくみもほとんどなくなって腎臓の状態も標準に
近くなりました。治りにくいと言われた足先の黒紫の斑点も徐々になくなっていきまし
た。
筋力はかなり落ちていますが、幸い手足の麻痺もないようで、作業・理学・言語療法士
によるリハビリを行いながら、その間に、頭・耳・肩・首・腕・手・足のリンパマッサ
ージを毎日続けました。母からは時折、気持ち良い表情がみられ、リラックスできている
ように感じられました。
看護士さんにも驚かれるほどの回復がみられ、倒れてから一週間でベッドを起こすこと
ができ、三週間目で鼻からの流動食から口からの食事に替わり、一人で食事ができ、車椅
子に座ることができました。後遺症は眼球の運動障害で目線の上昇や、言葉が出辛く、声
が小さい状態が続きましたが、四週間目から歩くリハビリをはじめてからは、少しずつ症
状が緩和していき、六週間目の4月4日にリハビリ専門の病院に転院することができまし
た。
 
そして、倒れてから三ヶ月と三週間目の現在、脳の後遺症で記憶は前後しますが、会話
もできるようになり、介助しながらも歩いて外出ができるようになりました。
 
このように、脳梗塞で倒れた母がこんなにも早く回復できたのも、リンパマッサージの
お陰と思い、アドールの横山先生とリンパマッサージとの出会いに本当に感謝していま
す。この体験を糧に、これからまたリンパマッサージのセラピストの資格取得を目指し、
頑張りたいと思います。
カテゴリ内ページ移動 ( 9  件):     1  2  3  4  5  6  7  .. 9    


 

 

 


体験会・資格取得講座

 講座日程

カルチャー・講座開講カレンダー

他 300 件

QRコード

ホームページアドレス・Eメールアドレス・フリーダイヤル情報は下記のQRコードを読み込んでください。

サイト内検索

検索は3文字以上で